スポンサー

AMD Radeon ProRender for 3ds Max & Maya がアップデート!Blender 2.81にも対応

プラグイン

AMDは、 Autodesk University 2019と新しいAMD Radeon Pro W5700ワークステーショングラフィックカードのリリースに間に合うように、Radeon ProRender 物理ベースレンダリングプラグインをアップデートしました。このアップデートではオートデスクのフルスペクトルレンダリングVulkanレイトレーシングを含む新しい機能とツールを更新しています。

また、Blender 2.81のリリースに合わせてRadeon ProRenderプラグインを更新、新しいバージョンのBlenderをサポートしました。

3ds Max プラグインの更新

更新の多くはMayaプラグイン用ですが、Autodesk 3ds Max v2.6用のRadeon ProRenderプラグインは、レンダリングソフトウェアとノイズ除去のコア更新などがされました。また、.rprエクスポート機能の更新があります。これらのエクスポートされたファイルを使用して、プラグイン間でデータを渡したり、「RPRSRender64.exe」ユーティリティを使用してコマンドラインからレンダリングしたりできます。

Maya プラグインの更新

●フルスペクトルレンダリング
Mayaでは、レンダリング用にフルスペクトルレンダリングモードを追加しました(Windowsのみ)。これにより、Vulkanベースのレイトレーシングにより、高速ビューポートと最終レンダリングが可能になります。特に、「プレイブラスト」スタイルのクイックプレビューに役立ちます。レンダー設定により、ユーザーは、ラスタライズから完全にパストレースされた(OpenCLで)レンダー品質まで幅広いスペクトルに品質レベルを設定でき、高速ビューポートプレビューから正確な最終レンダーまですべてを可能にします。

●Maya MASHインスタンスのサポート
シーンに複雑さを追加すると、リアリズムに非常に役立ちます。たとえば、床のほこりや森の何千もの木。ただし、各ツリーを自分で手動でフォレストに配置するのは非常に面倒です。 MayaのMASHシステムにより、これらのインスタンスのレンダリングが簡単になり、Radeon ProRenderもそれらをサポートするようになりました。

●ユーザードキュメントの改善
レンダリングソフトウェアは複雑です。追跡する多くのシェーダーノード、ライトパラメーター、サンプリング設定があります。初心者から上級者まで、すべてのユーザーにとって、適切なドキュメントが重要です。これを支援するために、Radeon ProRenderプラグインのドキュメントを更新しました。

プラグイン設定の詳細な説明、ソフトウェア機能にさらに光を当てる画像、多くの場合、概念を説明するためのサンプルシーンがあります。 https://radeon-pro.github.io/RadeonProRenderDocs/plugins/maya/about.htmlでチェックしてください。

●さまざまなマテリアルノードのサポートの改善
最後に、Mayaマテリアルノードをより適切にサポートするために真剣に取り組みました。これは継続的な取り組みであるため、使用している特定のシェーダーネットワークに問題がある場合は、コミュニティフォーラムでお知らせください。変更点の詳細は​​次のとおりです。

  • 階層化されたテクスチャノードの迅速なエクスポート
  • RPR算術ノードでのより多くの数学演算
  • シャドウキャッチャーノードは「マット」ノードと呼ばれるようになり、反射キャッチが含まれます
  • その他 (リリースノートを参照してください)

Blender 2.81 プラグインの更新

●フルスペクトルレンダリング
Radeon ProRenderは、OpenCLを介して物理ベースのGPUレンダリングを可能にします。現在、フルスペクトルレンダリングモードにより、WindowsおよびLinuxユーザーにVulkanベースのレイトレーシングを提供しています。これにより、ユーザーは、ラスタライズから完全にパストレースされた(OpenCLで)レンダリング品質まで幅広いスペクトルに品質レベルを設定でき、高速ビューポートプレビューから正確な最終レンダリングまですべてが可能になります。

●ユーザードキュメントの改善
レンダリングソフトウェアは複雑です。追跡する多くのシェーダーノード、ライトパラメーター、サンプリング設定があります。初心者からエキスパートまで、すべてのユーザーにとって、適切なドキュメントが重要です。これを支援するために、Radeon ProRenderプラグインのドキュメントを大幅に更新しています。

プラグイン設定の詳細な説明、ソフトウェア機能に光を当てる画像、多くの場合、概念を説明するためのサンプルシーンがあります。:https://radeon-pro.github.io/RadeonProRenderDocs/plugins/blender/about.htmlでチェックしてください。

●簡単なボリュームと霧
レンダリングのためにシーンにリアリズムを追加することは、アーティストにとってやりがいのある作業です。これに役立つ現実世界の現象の1つは霧です。完全にクリアな雰囲気はほとんどなく、シーンにフォグを追加すると、遠くのオブジェクトが現実世界のようにフェードアウトします。 Blender Worldパネルにシンプルなボタンを追加して、フォグエフェクトをすばやく作成しました。

●レイヤードテクスチャとシェーダー
複雑なマテリアルは、複雑なマテリアルノードグラフにつながります。アーティストの生活を簡素化するために、2つの新しいノードを追加しました。レイヤードテクスチャを使用すると、1つのノードで最大8つのテクスチャをブレンドできます。同様に、レイヤードシェーダーを使用すると、複数のUberまたはPrincipledノードをブレンドして、マスク付きの複雑なマテリアルを作成できます。

●その他のマテリアルの改善
私たちは次のようなマテリアルの改善にも取り組んでいます:

  • ガラス材料、ガラスの粗さ、光沢のあるBSDF
  • Principled BSDFでのより良いマッチングサイクル
  • Blenderディスプレイスメントの緊密なマッチング
  • より良い光強度マッチング
  • その他のもいろいろ

Autodesk 3ds MaxおよびMaya用の更新されたプラグインをダウンロード

Blender 2.81(および2.80)用の更新されたプラグインをダウンロード

AMD Radeon ProRender for Autodesk 3ds Max and Maya Updated for Autodesk University(community.amd.com)

AMD Radeon ProRender is Ready for Blender 2.81(community.amd.com)

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました