スポンサー

AMD 世界初の7nmプロ向けPCワークステーションGPU「 AMD Radeon™Pro W5700 」を発表

PC関連

AMDは現地時間2019年11月19日、世界初の7nmプロフェッショナルPCワークステーショングラフィックスカードであるAMD Radeon™Pro W5700を発表しました。

AMD Radeon™Pro W5700ワークステーショングラフィックスカードは、高性能でエネルギー効率の高いAMD RDNAアーキテクチャと最新モデルのGDDR6メモリを備えており、大規模なモデルやデータセットを処理できます。また、高帯域幅PCIe®4.0テクノロジーをサポートする最初のPCワークステーショングラフィックカードです。

AMD RDNAアーキテクチャは、前世代のAMDアーキテクチャと比較して、1クロックあたりのパフォーマンスが最大25%、1ワットあたりの平均パフォーマンスが最大41%高くなるとされています。

主な機能

  • 卓越した電力効率–エンタープライズのインテリジェントな電力最適化のためのAMD Radeon™Proソフトウェアと電力効率の高いAMD RDNAアーキテクチャおよび7nmプロセステクノロジーにより、Radeon™Pro W5700グラフィックカードは競合製品よりも最大18%優れたシステム効率を実現します3 。
  • CPU / GPUマルチタスク処理の高速化-バックグラウンドで視覚化をレンダリングしながらモデリングを続けるなど、最も要求の厳しい状況でも卓越したマルチタスクパフォ​​ーマンスを提供し、SPECviewperf®13の競合よりも最大5.6倍のCPU負荷でアプリケーションワークフローパフォーマンスを提供しますベンチマーク4。
  • プロフェッショナルグレードのソフトウェア–エンタープライズ向けのAMD Radeon™Proソフトウェアは、プロフェッショナルグレードの品質、継続的なパフォーマンスの向上、堅牢なセキュリティ、および業界をリードする機能を提供します。デスク上のワークステーションGPU6。
  • 革新的なVRソフトウェア機能– AMD Radeon™ReVR for VRは、AMD Radeon™Pro W5700グラフィックスカードを使用するプロフェッショナルがVR対応アプリケーションで作成物をワイヤレスで視覚化し、HTC VIVE Focus™Plus7などのスタンドアロンVRヘッドセットを選択できるようにします。
  • 高帯域幅PCIe®4.0 – AMD Radeon™Pro W5700は、PCIe®4.0をサポートする最初のPCワークステーショングラフィックカードで、PCIe®3.0の2倍の帯域幅を提供し、GPU集約型アプリケーションのスムーズなパフォーマンスを実現します。
  • プロフェッショナルアプリケーション認定–ワークステーションプロフェッショナルが必要とする安定性と信頼性を提供するために、主要な設計および製造、アーキテクチャ、エンジニアリング、建設アプリケーションで最適化および認定されています。 Radeon™Proソフトウェア認定ISVアプリケーションのリストは、こちらにあります。
  • 高速USB-C®– AMD Radeon™Pro W5700は、USB-C®コネクタを搭載した最初のPCワークステーショングラフィックカードであり、USB-C®ベースのモニターとヘッドマウントディスプレイ(HMD)の幅広い選択肢をサポートしています。
Compute UnitsTFLOPS

(FP32)

GDDR6Memory BandwidthMemory InterfaceDisplay Outputs
Radeon™ Pro W5700 graphics card

 

36Up to 8.898GBUp to

448 GB/s

256-bit6

Quadro RTX 4000と比較

AMD公式によると、Quadro RTX 4000と比較して3D設計ワークフローにおける全体的なシステム消費電力が最大18%低く、マルチタスク中のパフォーマンスは約5.6倍ということです。

Radeon™ Pro W5700 Graphics(公式ページ)

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました