スポンサー

16コア Ryzen 9 3950X が749ドルで11月25日発売!新Threadripperは競合を圧倒か

PC関連

AMDは7日(米国時間)、Socket AM4プラットフォームの2製品16コア/32スレッドの「Ryzen 9 3950X」とAPUモデルのエントリーモデル「Athlon 3000G」を発表、加えて第3世代のRyzen Threadripperの情報を公開した。

Ryzen 9 3950X は11月25日に発売!価格は749ドル

Ryzen 9 3950X は9月発売予定でしたが延期され、このたびの11月25日の発売と発表されました。16コア/32スレッドで、ベースクロックは3.5GHz、ブーストクロックは4.7GHz、L2とL3キャッシュの容量は合計72MBに。TDPは105W。

上図は、RYZENとインテルCPUの価格比較です。

Core i9 9920Xの価格が 1,199ドルとなっていますが、日本での最低価格は現在81,970円(価格.com調べ)、749ドルは約82,000円ですので、ご祝儀価格でRyzen 9 3950Xの方がやや高くなると思われます。

クリエイター向けソフトウェアにおける性能

上図はCore i9-9900Kを100としてCore i9-9900K、i9-9920X、Ryzen 9 3950Xを比較した図です。比較したソフトは左から「DaVinci Resolve」「Adobe Premiere」,「CINEBENCH R20」,「Handbrake 1.1.1」,「LLVM」「POV-Ray 3.7」「V-Ray」です。

いずれも Ryzen 9 3950Xが上回る結果となっています。

簡易液冷クーラーが必須か

冷却に関してAMDは、ラジエーターが280mmサイズ以上の簡易水冷を勧めている。そのため,Ryzen 9 3950Xの製品ボックスにはリテールクーラーが付属していないので注意する必要があります。

また、新しいECO Modeを使用するとTDPを65Wまで落とすことが可能になり、性能は77%となるが消費電力を44%低減することができる。

第3世代 Ryzen Threadripper

第3世代Ryzen Threadripperでは従来のSocket TR4とは互換性が完全に失われ、新しい「sTRX4」となるようです。このTRX40プラットフォームでは,CPUから出るPCIeが,PCIe Gen.3と比べて2倍の帯域幅を持つPCIe Gen.4に切り替わります。また、プラットフォーム全体で12基のUSB 3.1を備える。メモリはクアッドチャネルのDDR4-3200となります。

公開されたThreadripperの性能を一部まとめました。

 TR 3970XTR 3960X
コア数3224
スレッド数6448
ベースクロック3.7GHz3.8GHz
ターボクロック4.5GHz4.5GHz
キャッシュ容量144MB140MB
価格(ドル)1,9991,399

Core i9-9980XEとの比較

AMDによると、Intel最上位のCore i9-9980XEと比較し、3960Xは22%から最大で54%の性能向上、3970Xは36%から最大で90%の性能向上が見込めるとしている。

Ryzen Threadripper AMD公式ページ
Ryzen 9 3950X AMD公式ページ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました