スポンサー

Adobe、AR(拡張現実)でコンテンツを表示できるiOSアプリ「Adobe Aero」を発表

CGソフト

11月4日、Adobe はAdobe MAXでAdobe Creative Cloudの一部として「Adobe Aero」を発表しました。

Aeroは、コーディングスキルを必要とせずに、デザイナーがARで没入型エクスペリエンスを構築および共有できるようにする最初のツールです。携帯電話とタブレット向けの無料のモバイルiOSアプリとして利用できるようになりました。

3Dモデル、写真、レイヤー化されたファイル、PhotoshopやIllustratorの他の2D、または携帯電話、デスクトップ、Creative Cloudファイルの画像を簡単に取り込むことで、コンテンツを拡張現実で見ることができます。また、MayaやC4Dのような他のサードパーティアプリケーションからアセットを取り込んで、ARエクスペリエンスで見栄えがするように最適化された現実の環境にアセットを配置することもできます。アセットの配置は、使い慣れたジェスチャーを使用して簡単に回転、拡大縮小、移動できます。

現在利用可能なAeroの機能のハイライト

直感的なオーサリング

Aeroはコーディングを必要としません。最終結果の品質を犠牲にすることなく直感的です。ビジュアルUIを使用してARエクスペリエンスを構築します。手順を追って説明すると、最初のARシーンを作成できます。

アニメーション

手とデバイスを使用してオブジェクトを空間に配置し、パスを形成し、視聴者がオブジェクトと対話できるようにトリガーを追加します。

すぐに使えるアセット

アプリですぐに利用できる数百もの無料のスターターアセットに加えて、ベクターグラフィックス、Adobe Photoshopファイル、OBJ、FBX、Collada、glTFなど、幅広い2Dおよび3Dファイル形式のセットをインポートできます。

簡単な公開と共有

プロジェクトをソーシャルで直接共有したり、Aeroアプリを介して他のユーザーに体験を送信したりして、プロジェクトを世界に公開します。

App Storeの説明では、以下の機能が説明されています。

  • レイヤーファイルを取り込み、ARでレイヤー調整
  • プレビューモードの共有リンクで簡単に表示
  • リッチなユーザー体験を可能にするインタラクティブ機能と動作
  • モバイルデバイスを使用したアニメーションパスのデザイン
  • モバイルデバイスの内蔵カメラを使用したビデオ撮影

Gabe氏の作品から見る「Aero」でできること

デジタルはもはや単一の画面に限定されず、物理的な空間と現実世界全体に浸透しています。 ARを使用すると、画面の境界から解放され、あらゆる環境をデジタルステージに変換できます。過去2年間、驚くべきアーティストが没入型メディアを使用して、インポッシブルフェスティバル(FOI)で「不可能な」ビジョンを実現しています。この作品は、非常に感情的で魅力的であり、現実と革新的で予想外の方法でシュールなものを融合させています。

デジタルはもはや単一の画面に限定されず、物理的な空間と現実世界全体に浸透しています。 ARを使用すると、画面の境界から解放され、あらゆる環境をデジタルステージに変換できます。過去2年間、驚くべきアーティストが没入型メディアを使用して、インポッシブルフェスティバル(FOI)で「不可能な」ビジョンを実現しています。この作品は、非常に感情的で魅力的であり、現実と革新的で予想外の方法でシュールなものを融合させています。

たとえば、混合メディアアーティストであり、Adobe ARレジデントであり、FOIに参加しているGabe Barcia-Colombo氏は、最近彼のプロジェクトt, “Descent,” をAeroで更新しました。 ARを使用することで、訪問者は、実際の人のスキャンから開発したアバターの夢(および希望と恐怖)を見ることができます。

「インタラクティブメディアでの作業で気に入っているのは、画面から現実の世界に物事を持ち込めることです。これがどのように可能かを知らない人々に、この驚くべき効果を実際に引き起こすことができます」とGabe氏は言います。

Aeroのダウンロードはこちらから

Introducing Adobe Aero: Step into a New Reality
Immersive media is proving to be a powerful storytelling medium, and completely changing how we interact with the world around us.

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました