スポンサー

新しいオブジェクト選択ツールや強化されたワープ変形を搭載したPhotoshop 21.0がリリース

CGソフト

Adobeは画像編集ソフトウェアのデスクトップバージョンの最新アップデート Photoshop 21.0 をリリースしました。iPad版のPhotoshopや他のAdobe Creative Cloud ソフトウェアの最新リリースと同様にAdobe Maxで発表されています。

Adobeが待望のiPad版 Photoshop をリリース!フル機能搭載は今後のリリース
Adobe が iPad版 Photoshop をリリースしました。 まだフル機能とはいかないようで、今回リリースされた最初のバージョンでは、Apple ...

このリリースにはPhotoshop 21.0の発表前に公開されていた新しいオブジェクトツールも含まれています。

機械学習技術を使用したPhotshopの新しいオブジェクト選択ツールが公開
Adobeは機械学習技術を使用したPhotshopの新しいオブジェクト選択ツールのプレビュー動画を公開しました。 この機能には人工知能(AI)とマシンラー...

新機能ハイライト

クラウドドキュメント

PhotoshopをiPadで使用すると、クラウドドキュメントを使用してMac、Windows、iPadでシームレスに機能します。ドキュメントは、作業中にアドビのクラウドに保存されます。

プリセットの改善

新しいスウォッチ、グラデーション、パターン、シェイプ、スタイルを簡単に探索できます。プリセットの使用がより直感的になり、整理しやすくなりました。

新しいオブジェクト選択ツール

新しいオブジェクト選択ツールを使用して、複雑な選択をより自動化できます。領域を定義するだけで、あとはPhotoshopが行います。

変形ワークフローの改善

デフォルトの変換動作は、すべてのレイヤータイプとオブジェクトの比例スケーリングになりました。これは、オプションバーの[アスペクト比の維持]ボタンでオン/オフの切り替えができます。また、
Shiftキーを押すことでも、アスペクト比の維持ボタンの切り替えとして機能するようになりました。

従来の挙動に戻すこともできます。

プロパティパネルの改善

1か所で必要なコントロールをさらに見つけてください。ドキュメントの設定を簡単に変更し、すべてのタイプレイヤー設定にアクセスし、クイックアクションを便利に使用します。

レイヤーへのスマートオブジェクト

ドキュメントウィンドウを切り替えることなく、スマートオブジェクトをコンポーネントレイヤーに簡単に変換して、デザインを微調整できます。

ワープ変形の強化

ワープツールを使用してより詳細に制御します。任意の場所にコントロールポイントを追加するか、カスタマイズ可能なグリッドで画像を分割して、個々のノードまたはより大きな選択範囲で変換します。

その他の機能強化

  • OpenTypeフォントの文体セット
  • 拡張コンテンツ対応塗りつぶし
  • 輝度/コントラストおよび曲線用の32ビット調整レイヤー
  • アプリ内の新しい画面
  • 新しいショートカット
  • アニメーションGIFのサポート
  • New Documentダイアログのパフォーマンスの改善
  • レンズブラーのパフォーマンスの向上
  • ドキュメントタブの改善
  • スマートオブジェクトとレイヤーコンプの追跡
  • World-Ready Layoutテキストエンジンオプション
  • ホーム画面を自動表示するための設定
  • Adobe Asset Link

Photoshop 21.0の新機能を詳しくみる

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました