スポンサー

Cinema4D用リアルタイムレンダラー「Urender」がボリューメトリックレンダリングに対応!セールも開催!

プラグイン

Cinema4D用リアルタイムレンダラーUrenderの最新バージョン 「U-RENDER 2019.11.01 」がリリースされました。同時にアップデートを記念して、秋のセールを開催しています。

U-RENDER 2019.11.01リリース

このリリースでは、リアルタイムのボリューメトリックレンダリングが導入され、大気のかすみ、霧、関与媒質(空間中で光と相互作用を起こす物質のこと)などの視覚的に素晴らしい効果が得られます。

概要

専用のボリュームオブジェクトを使用すると、ボリュームの配置や密度や散乱などのプロパティを簡単に制御できます。アニメーション化された手続き型の3Dノイズとグラデーションにより、ボリュームの外観を完全に創造的に制御できます。

ライトは、ボリュームライトの寄与と個々のシャドウの動作の設定で強化されました。オブジェクトがボリューム内にシャドウを投影する方法を制御します。ボリューム自体は自己シャドウイングであり、ライトごとにシーンに影を落とします。

ボリュームオブジェクト

ボリュームオブジェクトを使用して、ボリュームの配置を簡単に制御します。密度と散乱の設定により、各ボリュームの外観が異なります。ボリュームレイヤーまたはキューブを選択します。各ボリュームオブジェクトには、ボリュームノイズのコントロールが追加されています。

ボリュームノイズ

アニメーション化された手続き型の3Dノイズを使用して密度を調整し、ボリュームの外観を制御します。オクターブ、コントラスト、グラデーションなどのパラメーターにより、かなりの柔軟性が得られます。アニメーションと変換の追加設定により、無限の可能性を試すことができます。

ボリューメトリックライト

ボリュームライトに寄与するライトを個別に制御します。スポットライト、ポイントライト、指向性ライト、エリアライトなどのすべての直接光源からの光と影が計算されます。

ボリューメトリックシャドウ

ライトはボリュームに影を落とすことができるだけでなく、ボリュームは自分自身とシーン内のオブジェクトにも影を落とすことができます。この機能は、不機嫌な画像や信じられないような雰囲気に使用します。

詳しいアップデート内容はこちらから

33%OFFセール開催

U-RENDERのアップデートを記念して、2019年11月29日(おそらく現地時間)まで期間限定セールを実施しています。

2019年11月4日から11月29日まで
U-RENDERは199ユーロ/ 229米ドルで入手可能
(元は299ユーロ/ 339米ドル)

購入ページはこちら

30日間の体験版の試用はこちらから

U-RENDER 2019.11.01 AVAILABLE(Urender公式ページ)

U-RENDER FALL SALE – 33% OFF(Urender公式ページ)


コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました