スポンサー

Boris FX が Continuum 2020 をリリース!新機能をチェック!

プラグイン

10/28 Boris FX が Continuum 2020 をリリースしました。

このリリースでは、10の新しいクリエイティブエフェクトとトランジション、新しいモカエリアブラシペイントツール、パーティクルイリュージョンとタイトルスタジオのアップデートなどが追加されています。

Continuum 2020 の新機能をチェック

新機能の動画が公開されているので確認していきたいと思います。

Corner Pin Studio

新しいCorner Pin Studioは、貴重な時間を節約しながら作業方法を変更します。ソースショットを正確に配置するために、サーフェスと4つのオフセットピンをターゲットとする単一のモカトラッカーが搭載されています。豊富なブレンドオプションでシームレスな最終コンポジットを作成します。

Transitions

50の新しいプロ仕様のプリセットを備えた6つの新しいドラッグアンドドロップディゾルブトランジションが追加。

Cast Shadow Effect

3D空間に配置された統合ポイントまたは平行光源を使用して、真の3Dシャドウを追加します。組み込みの3Dカメラシステムで完全にカスタマイズ可能、またはAEのネイティブカメラを使用。

Reflection Effect

3D空間で即座に反射を生成します。これ以上の複雑な複製や階層化はなく、組み込みの3Dカメラシステムを含むか、AEのネイティブカメラを使用します。

Curl Effect

映像を歪曲およびワープして、サイケデリックなサイケデリックな外観または熱のかすみ、煙のような効果、および水中の歪みを作成します。

Mocha Area Brush

ブラシストロークのように簡単に検索エリアを追跡できる新しいArea Brushペイントツールにより、Continuumに統合されたMocha trackingとマスキングが強化されました。

Particle Illusion

カスタマイズ可能な新しいエミッターオプションと、検索の改善、すべてのエミッターの新しい高解像度サムネイル、背景色を選択できる新しいプレビューツールバーなどの機能が追加されました。

Title Studio

新しいプロ仕様のテンプレート、新しいマテリアルとシェーダー、および全体的な機能とユーザーエクスペリエンスの大幅な改善により、1-2-3と同じくらい簡単なタイトル。

購入&アップデート情報

Continuum 2020は、Adobe After EffectsとPremiere Pro、Avid Media Composer、Apple FCP XとMotion 5、およびBlackmagic DaVinci Resolve、Foundry Nuke、VEGAS ProなどのOFXホストのプラグインとして利用できます。

現在のアップグレード&サポート(U&S)プランに加入している、または昨年内に購入したすべてのContinuumのユーザーには、Continuum 2020の無料アップデートが提供されます。

Continuum 11以前のユーザーは、手頃なオプションでContinuum 2020にアップグレードできます

購入はこちらから

アップグレードはこちらから

無料試用版のダウンロードはこちらから

 

New! Continuum 2020: Now Available(borisfx.com)

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました