スポンサー

iToo Software が 3DS Max 用プラグイン RailClone 4 をリリース!新機能をチェック

プラグイン

iToo Software が 3DS Max 用パラメトリックモデリング・レイアウトプラグイン RailClone 4 のリリースを発表しました。

このリリースは、2013年のアップデート以来の大きなアップデートということで、新機能と改善を確認していきます。

セグメントのマテリアルを使用可能に

RailClone 4には、ソースジオメトリに直接適用されたマテリアルを使用する新しいオプションがあります。複雑なマルチサブオブジェクトマテリアルを手動で作成する必要はありません。レイアウトツールとしてRailCloneを使用する場合や、ストックモデルで使用する場合に最適です。

ジェネレーターをネスト可能に

あるジェネレーターを別のジェネレーター内のセグメントとしてネストすることにより、グラフを劇的に簡素化すると同時に、RailCloneでエキサイティングな新しい可能性を切り開きます!

ネストされたジェネレーターは、配下のプロパティに完全にアクセスできるため、洗練されたインテリジェントなモデルを作成できます。

クイックメッシュモード

RailCloneは、レンダリング時にすでに比類のないインスタンス化機能を備えていますが、ビューポートのインスタンス化を有効にして、3ds Maxビューポートでも数億のポリゴンを直接プレビューできるようになりました。

新しいRailClone Splineモディファイヤを使用してマーカーを配置する

マーカーという新しいコンセプトが導入されました。これらはスプライン上の任意のポイントに追加でき、新しいRCSplineモディファイヤを使用して、パスにジオメトリを正確に配置することができます。 RailCloneの以前のバージョンでは、ユーザーは頂点を追加して同様のことを実現していましたが、頂点とは異なり、マーカーはスプラインの形状に影響を与えないため、パスに影響を与えることなく簡単に追加および再配置できます。

各マーカーには、グラフの多くのパラメータを制御するために使用できる最大10個のデータチャネルがあります。

自動キャッピング

ブール値に起因する穴は自動的にキャップされます。クリップされたオブジェクトを自動的にキャップし、シームレスなオブジェクトの作成をこれまで以上に簡単にします。キャップされた面は、実際のマッピング座標を使用してUV処理されるため、新しいジオメトリにマテリアルを簡単に適用できます。

新しいグループモード

作成オペレータが3ds Maxのグループのように振る舞います。 Composeオペレーターの出力は、サイズ全体を囲む境界ボックスを持つ単一のオブジェクトとして計算されるようになりました。

パフォーマンスの改善

RailClone 4では、シーン内のすべてのRCオブジェクトのグローバルキャッシュを含めることにより、共有セグメントまたはリンクスタイルを使用する際のインスタンス化の効率が大幅に向上します。

Transformsノードがより論理的に

RailCloneの以前のバージョンでは、変換ノードの順序は効果がありませんでしたが、RailClone 4ではこれをより直感的にしたため、回転、移動、または拡大縮小操作を適用するときに変換ノードの順序が考慮されるようになりました。

スタイルエディタの改善

スタイルエディタには、ワイヤ上にノードを挿入する機能、削除時の自動再配線、グリッドビューとスナップ、未使用ノードの選択と削除など、多くの新しい使いやすさの改善があります。

その他多くのアップデート詳細の確認はここから

RailCloneのライセンスは220ユーロ、またはForest Packのバンドルで396ユーロで、商用で使用できる無料のLiteバージョンも利用可能で、機能制限がさらに少なくなったようです。

RailCloneの購入やLiteバージョンのダウンロードはこちらから

RailClone 4 – at a glance(itoosoft.com)

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました