スポンサー

ノード・ベースのデジタル合成ソフト Nuke 12.0 がリリース

CGソフト

Foundry が Nuke 12.0 のリリースを発表しました。

Foundryによると

Nuke 12.0では、Nukeファミリーの次期リリースサイクルが導入されています。 Nuke 12.0リリースは、クリーンアップ用の追加のGPU対応ノードから、Nuke StudioおよびHieroの再構築された再生エンジンに至るまで、Nukeファミリ全体で対話性とパフォーマンスを向上させます。 Nuke 12.0では、カメラの解決、ステッチング、修正、最新の業界標準への更新のために、Cara VRから統合されたGPU加速ツールの統合も見られます。

 

Foundryのグループプロダクトマネージャー、Christy Anzelmo のコメント

「Nuke 12.0は、Nukeリリースの次のシリーズの基盤を提供します。 このリリースには、ユーザーが期待するVFXリファレンスプラットフォームのアップグレードに加えて、追跡とクリーンアップタスクの実行やNuke Studioでのレビューセッションの実行など、アーティストエクスペリエンスを向上させるパフォーマンスとワークフローの最適化が含まれます。 また、強力なCara VRツールセットをNukeXに導入し、これらのツールを360ビデオおよび高速化された2Dワークフローにさらに多くのアーティストがアクセスできるようにすることも非常に楽しみです。」

Laikaのプロダクションテクノロジーディレクター、Jeff Stringer のコメント

「Hieroの更新された再生パフォーマンスに非常に満足しています。レビューパイプラインへの影響と、これらのツールの方向性に興奮しています。」

 

Nuke 12.0 の機能ハイライト
  • UIの対話性とスクリプトの読み込み – このリリースには、特に大規模な作業でパフォーマンスを向上させるために、ソフトウェア全体にさまざまな最適化が含まれています。重要な改善点の1つは、はるかにスムーズなエクスペリエンスを提供し、大きなスクリプトで作業する場合のUIの対話性とロード時間の短縮を維持します。
  • 読み取りおよび書き込みのパフォーマンス – Nuke 12.0には、OpenEXRの読み取りおよび書き込みのパフォーマンスに対する集中的な改善が含まれています。これには、いくつかの一般的な圧縮タイプの最適化、レンダリング時間およびスクリプトの対話性の改善が含まれます。 REDおよびSonyカメラ形式では、追加のGPUサポートも利用できます。
  • Inpaint & EdgeExtend – これらのGPUアクセラレーションノードは、詳細なコントロールとコンテキストペイントストロークを使用して、一般的なタスクに対してより高速で直感的なワークフローを提供します。
  • Grid Warp Tracker – NukeXのスマートベクトルツールセットを拡張します。このノードは、スマートベクトルを使用して、一致する移動、ワーピング、モーフィングのグリッドを駆動します。
  • Cara VR Node Integration – Cara VRのノードの大部分がNukeXに統合されました。これには、VRおよびステレオワークフロー用のGPU対応ツールのスイート、および従来のカメラの解決とワークフローのクリーンアップが含まれます。
  • Nuke Studio, Hiero & HieroPlayer Playback – Nukeファミリーのタイムラインベースのツールは、マルチチャンネルEXRを使用したカラーマネージドワークフローの厳しいI / O要求に最適化された再生エンジンの再構築により、再生の安定性とパフォーマンスが劇的に向上します。
  • 業界標準 – Nuke 12.0には、VFX Reference Platform 2019に沿ったコアライブラリの更新、カメラファイル形式のSDK、現在のバージョンに更新されたカードの監視、およびOCIOワークフローの拡張が含まれています。

 

Nuke 12.0 のリリースノート コチラから.

Nuke 12.0を試用または購入するには、 コチラから.

リンク:https://www.foundry.com/news-and-awards/nuke-12-release

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました