スポンサー

Maya 用 キャラクタシミュレーション プラグイン ” Ziva VFX 1.7 “がリリース

プラグイン

Ziva Dynamics は Maya 用 キャラクタシミュレーション プラグイン ” Ziva VFX 1.7 “をリリースしました。

Art Directable Rest Shapes(ADRS)という機能の導入がメインのリリースのようです。この機能によって、キャラクターを動的な特性を失わずに任意の形状に適合させることができるようになるということです。

Art Directable Rest Shapes機能は1年以上開発されており、いくつかの主要なVFXスタジオやアニメーションスタジオと共同で作成されてきました。

Ziva Dynamics news によると

アーティストは、シンプルな彫刻ツールを使用してキャラクターのシルエットを調整し、希望する外観をすばやく実現できます。目標の形状が確立されると、Ziva VFXはそれに合わせてモーフィングを行い、変更前に埋め込まれたすべてのリッチダイナミクスを維持できます。不自然であろうと正確であろうと、ADRSはあらゆる形状で機能し、複雑なセットアップと徹底的な修正作業の両方の痛みを取り除きます。

自然の法則に縛られない機能アニメーションキャラクターの場合、ADRSは主要な特性を迅速に変更および誇張できるため、チームは二次物理学の力を失うことなく表現力と創造力を発揮できます。デジダブルやその他の写真のようにリアルなキャラクターの使用が増えている実写映画の場合、ADRSは、ショット中にチームがすばやくシルエットを調整したり、筋肉を複数の方法で発射したい場合にセットアッププロセスを最小限に抑えることができます。

Art Directable Rest Shapesを使用するには、アーティストはティッシュメッシュを複製するだけです。新しい形状を複製に彫刻します。選択したフレーム上に新しい形状をレストシェイプとして追加します。これにより、キャラクターが直感的にモーフィングされ、スムーズで斬新な変形が作成され、クリエイティブチームが考え出すあらゆる芸術的方向性が維持されます。

以下はZiva VFX 1.7を使用して作成された映像です。

Ziva VFX 1.7 の 60日間無料体験は ここから できます。(アカウント作成が必要)

価格や購入はストアページから

リンク:https://zivadynamics.com/blog/ziva-vfx-1-7

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました