スポンサー

ファー&毛髪プラグインYeti3.5がリリース

プラグイン

2019年8月19日、Peregrine Labs が Maya用プラグインYeti 3.5リリースしました。

Peregrine Lab 開発チームによると

Yeti 3.5が登場し、これまでで最大のポイントリリースの1つです!私たちのチームは、プロダクティビティとインテグレーションを支援する優れた新機能を導入するために一生懸命取り組んできました。

ジオメトリデータのインポートとエクスポートの両方について、AlembicのサポートをYetiのコアに実装しました。

インポートするために – 特定のAlembicファイルから曲線セットとメッシュデータの両方を読み取り、任意の追加属性とともに下流ノードによって変更および参照できる新しいFileノードが実装されました。私たちの目的は、将来的に追加の幾何学的形式のサポートを拡大することです。

エクスポートのために – キャッシングコマンドを拡張して、モーションブラー用の複数のサンプルを含むAlembicファイルにグラフの評価結果を書き込み、すべてのデータを1つのモノリシックファイル (毛皮の場合、これは本当にモノリシックになります)またはフレームごとに、格納するようにしました。 密度およびその他のグラフオプションは、コマンドラインから制御できます。

OpenImageIO

驚くべきオープンソースプロジェクトの採用を継続し、内部テクスチャリングシステムは完全にOpenImageIOに置き換えられました。フォーマットサポートの追加に加えて、多数の高解像度テクスチャファイルを読み込む際の効率も向上します。

体積ガイド

後方互換性のために以前のシェイプマッチングモデルに切り替えるオプションを使用して、シェイプとクランピング動作をさらに視覚的に制御し、より直感的な結果を提供する新しいデフォルトのボリュームガイドモデルを導入しました。

分離、スイッチノードなど…

その他のハイライトは、新しい自動パーティング、スイッチノード、フェザーの投影ベースのテクスチャ座標、密度ベースのリラクゼーションなどです。詳細については、リリースノートをご覧ください。

価格は以下のようになっています。

リンク : https://peregrinelabs.com/2019/08/yeti-35-is-here/

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました