スポンサー

SideFXがSolaris を発表

CGソフト

SideFX は SIGGRAPH 2019 においてSideFX Solarisを発表しました。 以下のプレゼンは 7月30日火曜日、ロサンゼルスでの Houdini HIVE において録画されました。 Solaris は LOPS またはライティングオペレータと呼ばれる新しいコンテキストで USD [Universal Scene Description] をネイティブにサポート、包括的なルック開発、レイアウトそしてライティングワークフローを実現します。

    • LOPs に持ち込まれたジオメトリは USD になり、LOPs 内の USD は USD のまま保たれます。
    • Solaris は USD で作業する上でのビジュアルエディタを提供します。

Solaris は様々なルックデブ、レイアウト、ライティングのタスクに対応します。

  • Solaris は Houdni Core, Houdini FX、Houdini Indie そして Houdini Apprentice に搭載される新しいコンテクストで別アプリケーションではありません。
  • 新しい USD に準拠したレンダラである SideFX Karma Render も Solaris/USD 向けに発表されました。
  • この新レンダラは Hydra 経由で高速 IPR を実現します。
  • これは 高速な CPU レンダラですが、GPU バージョンも将来のリリースに向けて開発中です。
  • Solaris は、RenderMan など、 Karma 以外の Hyrdra に準拠したレンダラとも動作します。
Solaris は 2019年末に予定されている Houdini 18 の一部としてリリース予定です。Karma レンダラは同時期にベータリリースの見込みです。

リンク:https://www.sidefx.com/ja/community/sidefx-solaris/

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました